正しいシャンプーの仕方

正しいシャンプーの仕方

どれだけ高級なシャンプーを購入して用いていたとしても、シャンプーの仕方が正しくなければ髪の毛には悪影響を及ぼすだけです。正しいシャンプーの方法というのは思いの外知らない人が多いものです。今一度、自分の日頃のシャンプーの方法が正しいのか確認してみましょう。

まず、シャンプーの目的として頭皮や髪の毛の清潔を保つということがあります。そのためゴシゴシとしっかり洗わなければならないと思われがちですが、実はお湯で洗い流すだけで汚れの80パーセント近くは落とせると言われています。そのため、シャンプーで洗うのは残りのほんの少しの汚れを落とす作業のためだけであり、あまり強くしっかりと洗う必要はないのです。

シャンプーをする際のお湯はぬるま湯程度が最も良いとされています。熱すぎると髪の表面のキューティクルが剥げ落ちたり、髪の毛が膨らんでしまったりする原因となります。シャンプーをするときには髪の毛よりも頭皮を洗うことが重要です。最初のお湯ですすいで落とせない汚れというのは頭皮に残っているものなのであり、頭皮を揉むように洗うことで汚れを落とすことができるのです。ここで、少しでもダメージを少なく髪を洗うためには、シャンプー前に髪の毛を梳かしておくことが重要です。これだけで汚れが落ちやすくなりますし、シャンプー中の髪のダメージが減らせます。

シャンプーの選び方

シャンプーの選び方

シャンプーを選ぶ際に、洗浄力の高さを重視する人がいますが洗浄力が高いものほど良いものとは限りません。汚れを落とすことは頭皮の清潔を維持するために必要なことですが、洗浄力が高すぎると頭皮に必要な油分まで落とすことになります。洗浄力よりも優先すべきことは頭皮に優しいことです。シャンプーには大きく分けて3種類あり、高級アルコール系シャンプー、石鹸系シャンプー、アミノ酸系シャンプーとあります。これは、洗浄力の元となる界面活性剤の種類によって分けられています。この界面活性剤の種類によって、洗浄力が変わりますから自分に合った洗浄力のものを選ぶのです。

最近では、アミノ酸シャンプーが良い、ノンシリコンのものが良い、ということがよく言われます。これはオーガニック思考、環境保全思考の強まりから言われるようになりました。確かにアミノ酸シャンプーは肌への刺激も低く良いシャンプーですが、洗浄力は高くないので頭皮に脂が溜まりがちな人には洗浄力が不足して逆に頭皮に悪影響を及ぼします。

このように、人によって良いシャンプーというのは異なるものであり、自分の肌質や髪質、頭皮状況によって選ぶべきものが異なるのです。シャンプーを選ぶ際にはまず頭皮の状態とそれに合った洗浄力を考えることが大切なのです。

髪のためのシャンプー選び

髪のためのシャンプー選び

私たちは歳をとるにつれて髪の毛もどんどんと老化をして行きます。髪の毛が衰えると聞くと、多くの人が考えるのが髪の毛が薄くなることです。昔は髪の毛が薄くなるということは遺伝でなるものであり仕方ないことのように思われてきました。しかし、加齢とともに髪の毛は減っていくものでありつつも、最近ではそれが若年化しています。食事の洋風化や生活習慣の乱れによって、遺伝的に薄毛家系ではない人も髪の毛が若いうちから薄くなることがあるのです。

他にも髪も肌のように加齢とともにツヤを失ったりハリやコシを失って行きます。キューティクルでサラサラの髪の毛というのは誰もが憧れるものでありながら、だんだんとパサパサとしてツヤを失っていったり、広がったりうねりをみせたりとまっすぐサラサラの髪とはかけ離れたものになりがちです。このような髪の毛のトラブルというのは一日で解消できるものではなく日々の積み重ねによって美しくなるものです。そこで、日常的なケアからしっかりとしておく必要があるのです。

このような髪の毛のケアとして大事な要素の一つがシャンプー選びです。今は、様々な種類のシャンプーがあり、さらにその価格帯にもばらつきがあります。たくさんある商品にはそれぞれに特徴があり、自分に合ったものというのがあるのです。そこで、ここでは自分に合ったシャンプーを選ぶ方法と、よりその効果を感じられるように正しいシャンプーの方法とその大切さを紹介していきます。